乳癌の治療では、まず第一に乳房をすべて、あるいは一部切り取り、わきの下のリンパ節も切り取ります。全身への影響は比較的少ない手術とみなされています。
 しかし、本当にそうでしょうか?
 外科医は患者様の乳癌とともに、もっと大切な患者様の心の一部を切り取ってないでしょうか。乳房の喪失や部分切除後の変形、術後の腕の腫れなど、患者様にとっては大きな心のキズが残るのがこれまでの乳癌手術でした。
 Breast Care Centerブレストケアセンタ−では八尾総合病院と連動して患者様の心も大事にする乳癌手術を実現します。
 まず、患者様にとってよりLow Impactな手術を実現するため、すでに大腸がんなどで導入されている鏡視下手術の導入を進めています。これにより、手術のキズはより目立たなくすることが可能です。正面から見るとキズがまったくわからない手術も症例によっては可能です。
 次に不幸にして乳房を全体的に切除せざるを得なくても乳房を積極的に再建します。患者様自身の組織を用いた自家組織再建のみならず、人工乳房の導入も進めてまいります。すでに乳房切除を行ってしまった患者様でも、ご相談に応じます。
 「がんだからしょうがなかった」とあきらめる前に患者様の正直な気持ちを少しでもお答えする努力を怠らない。ブレストケアセンターの目指すトータルなブレストケアの一部です。

戻る
ブレストケアセンター
〒939-2376
富山県富山市八尾町福島7-42
TEL(076)454-5000
FAX(076)455-3835

Weブレストケアセンター
〒939-8208 
富山県富山市根塚町1-5-1
TEL(076)493-5580