当センターの場合は検診時に、上下方向と斜め方向の2方向で左右あわせて4枚のレントゲン写真を撮ることになります。乳房をマンモグラフィ装置で片方ずつ2枚の板で挟んで固定(圧迫)して撮影します。
  挟んで乳房を薄くひきのばすことは、乳腺の重なりを少なくすると同時に撮影で受けるX線の被ばく線量も減らすことができます。このような利点がありますので、十分な圧迫はとても大切です。しかし、痛みを伴うことがあります。リラックスすることによって痛みは減少することもありますので、肩の力を抜いて臨むことが大切です。着替え等を含めて約15分で終わります。


戻る

ブレストケアセンター
〒939-2376
富山県富山市八尾町福島7-42
TEL(076)454-5000
FAX(076)455-3835

Weブレストケアセンター
〒939-8208 
富山県富山市根塚町1-5-1
TEL(076)493-5580