検診で乳癌が疑われる、あるいは否定できないときに、乳房の組織の一部を採取して顕微鏡で調べることを乳房生検といいます。
 従来、乳房のしこりを切り取って調べるという方法が主に取られてきましたが、現在ではより小さなキズで検査する針生検が可能となっています。これをマンモト−ム生検といいます。最新鋭の機械なのでまだまだ導入されている施設は少数です。しかも導入されていても診断用マンモグラフィ−と兼用するために患者様に不自由な姿勢(背中をピンとのばしてバストを機械にはさんだまま座っている)を長時間強いるという、お世辞にも簡単とは言えないシロモノでした。
マンモトーム
うつ伏せに横になったままの状態で短時間で検査ができる
マンモトームバイオプシー
X線もしくは超音波で病巣部を正確に吸入し採取します

 マンモトーム生検は当院関連施設「女性クリニックWe富山」と連携して検査体制を整えております。高性能設備の集約化およびより精度の高い検査を実現するために、マンモトーム生検は「女性クリニックWe富山」にて実施することになりました。
 Weブレストケアセンタ−では全国的にも数台しか導入されていない、患者様に横になっていただいて行なうマンモト−ムを導入しました。さらに、この装置の使用経験の豊富な慶応大学医学部附属病院放射線部と提携することで確実な技術導入を図っております。
 リラックスした心と身体で最新の検査をうけていただく。我々が提案する最もすすんだ乳癌の検索法です。

 検査の詳しい情報や「女性クリニックWe富山」への交通手段などのお問い合わせは「八尾総合病院 ブレストケアセンター」もしくは「Weブレストケアセンター」までお問い合わせください。


戻る
ブレストケアセンター
〒939-2376
富山県富山市八尾町福島7-42
TEL(076)454-5000
FAX(076)455-3835

Weブレストケアセンター
〒939-8208 
富山県富山市根塚町1-5-1
TEL(076)493-5580