一人ひとりの目に合わせたカスタムメイドのレーザー視力矯正手術

カスタムメイドのレーザー近視矯正手術でよりクリアな視力を実現

カスタムビューは、お一人おひとりの眼に合わせたレーザー照射プログラムを用いて行う、精度の高いレーシックのことです
私たちの眼の角膜は、指の指紋のように一人ひとり異なる形状をしています
カスタムビューでは、通常のメガネやコンタクトレンズを処方する検査方法の25倍の精度で正確に眼の形状を測定、患者様お一人おひとりの眼に合わせたレーザー照射プログラムを作成します
その後、VISX STAR S4 IRと呼ばれる最新のエキシマレーザーシステムにより、計測したデータをもとに矯正を行います
判別はできるものの、
ぼんやりとしか見えない視力1.2の見え方
すべてがくっきりクリアな視力1.2の見え方
カスタムビューでは、視力だけでなく見え方の質(遠くを見る際の歪みなど)の改善にも効果が期待できます
同じ視力でも、「見え方」は人によって千差万別です
これは高次収差(角膜のわずかな歪み)の原因となる角膜の形が一人ひとり異なっているからです
この高次収差を矯正し、お一人おひとりにとって最適の「見え方」を実現するのがカスタムビューです
眼が持つ潜在能力を引き出し、「見え方」の質を高め、ピントの合ったよりクリアな視力を得ることが可能です
これまではレーザー視力矯正手術をすると、夜間に眩しく感じることがありました
光がにじんで見えたり、全体が二重に見えたりすることもあり、夜間の運転がしづらくなることもありました
光の周囲がぎらついて見えるグレア現象 正常な見え方 光がにじんで見えるハロー現象

カスタムビューは夜間視力も向上し、コントラスト感度に大変優れています
体験された方からの報告書では、夜間の視力が良くなったと答えた方は通常の矯正手術の約4倍というデータがあります(米国AMO社社内資料)

カスタムビューはより高精度な解析技術と補正技術で、正確で安心な手術を可能にします

実際の角膜の形状 ゼルニケ解析による再構築 フーリエ解析による再構築
●解析技術 フーリエアルゴリズム
カスタムビューでは、一人ひとり異なる角膜の形状を独自の技術により正確に読み取り、精密に分析します
直径わずか7mmの瞳孔中に、約240ヵ所のデータポイントを設置、得られたデータをもとに角膜の形状を精密に再構成します

検査時 レーザー治療時
●補正技術 アイリスレジストレーション
術前の検査は座った状態で行いますが、手術は仰向けになった状態で行います
その姿勢の違いによって眼球は平均2.2度もズレてしまいます
また、瞳孔は照明の暗い検査時には大きくなり、術中の明るいレーザー照射時には小さくなります
瞳孔径が変化すると瞳孔の中心も移動してしまいます
このようなズレを補正する技術がアイリスレジストレーションです
検査時の眼の虹彩の模様と、手術時の虹彩の模様を照合することで、手術中のズレを補正し、正確にレーザー照射位置に合わせることができます
3-Dアクティブトラック(イメージ)により術中の眼球の動きを3次元追尾
照射径の異なるレーザーを組み合わせ角膜への負担を最小限に
術中はできるだけ眼球を動かさないのが理想ですが、眼球はかすかに動いてしまいます
カスタムビューは、レーザー照射中の眼球の動きを立体的に捕捉し、3次元追尾しながらレーザーを正確に照射します
また、眼球が大きく動いた場合は、レーザー照射を自動的に停止するセーフティ機能が働きますので安全です
一般的な視力矯正手術とカスタムビューとの違いは?

角膜には一人ひとり異なる歪みがあり、それによって実際の見え方も一人ひとり異なっています
一般的な視力矯正手術では、この歪みによる見え方の質を矯正することが困難でした
カスタムビューでは、従来の視力検査方法の25倍の精度で、個人毎に異なる歪みを綿密に測定し、正確にレーザー照射することで、その方にとっての最適な視力と見え方が得られます


カスタムビューは誰でも手術を受けられるの?

20歳以上で、角膜に病気がなく体も健康な方であれば対象となります
ただし事前検査の結果、角膜の薄い方等は手術を受けられない場合があります


視力が以前の状態に戻ってしまうことはないの?

アメリカでの臨床試験によれば、カスタムビューの手術を受けてから、1年後でも、約98%の方が1.0以上の視力を維持していました
しかし、個人差がありますが、まれに視力が以前の状態に戻ってしまうケースもあります
その場合には再手術を行って視力を回復させることもできます


手術中や術後に痛みはあるの?

手術の前に点眼麻酔薬を使いますので、基本的に手術中に痛みを感じることはありません
手術後は個人差により、一時的に違和感を感じる方もおられますが、痛みと呼ぶほどのものではありません


失明することはないの?

カスタムビューは、角膜の表面にレーザー照射する矯正手術で、眼球内部への治療は行いません
手術前には高精度な測定機により一人ひとり充分な検査を行い、さらに様々な安全機能を搭載したレーザー装置を使い、熟練した医師が手術を行っています
これまでに世界でも、カスタムビューで失明したという報告はありません

その他の近視手術に関するQ&Aはこちらから


 ■TOP
 ■ご案内
 ■近視手術の方法
 ■近視手術までの流れ
 ■LASIKの手順
 ■手術費用
 ■Q&A
 ■資料請求