■屈折矯正手術(いわゆるレーザー近視手術)は、多くのスポーツ選手や著名人も体験しているという、今最も注目を集めている視力矯正治療です
すでに欧米ではレーザー近視手術は、めがね、コンタクトレンズと同様に一般的なものとなっていますが、日本国内においても2000年に厚生省からエキシマレーザー装置に対する認可がおりて以来、急速に普及し今後も手術を希望される患者様は確実に増えていくといわれています

■「富山レーザーアイセンター」は、1999年に北陸地区初のレーザー近視手術の施設としてオープンしました
近視および乱視の最新の矯正法である「エキシマレーザー屈折矯正手術」をできるだけ多くの人々に安全にしかも安心して享受していただくことをモットーに、すでに2700眼を超える手術を行っています

正しい専門知識と技を持った専門医とスタッフが適切なアドバイスを行います
私たちは、レーザー矯正手術について、手術を受ける患者様ご本人が充分に理解されることが大切と考えています
眼科医やコンサルタントから具体的な手術方法、手術前検査の内容、視力回復の予測、さらには手術前の合併症の可能性までも、正確に情報を提供するように努めています

 ■TOP
 ■ご案内
 ■近視手術の方法
 ■近視手術までの流れ
 ■LASIKの手順
 ■手術費用
 ■Q&A
 ■資料請求