■近視手術までの流れ

エキシマレーザーを使用し、角膜の屈折力を矯正します
点眼麻酔をした後、マイクロケラトームというカンナのような装置で角膜の中央部を薄く削ってフラップを作り、そのフラップを一時的にめくってエキシマレーザーを照射します
レーザー照射後に再びフラップを戻して手術は終了です
適応する屈折度数の範囲が広く、PRKに比べ、上皮を残すため手術後の痛みはずっと少なく、感染症の心配も少ないようです
手術の翌日から比較的よく見え、また両眼同時に手術することもできます

レーザーを当て治療する目の角膜は、形や大きさが個人によってさまざまです
指紋や声紋が一人ひとり違うように、それぞれに角膜の形(角膜のゆがみ)があり、手術を受けられる患者様によって異なっています
カスタムビューレーシック」は、このような角膜の個別差を考慮し、手術の際のレーザーをオーダーメイドして行うレーシック手術です
一人ひとりの角膜の形状を精密に計測し、オリジナルのプログラムを作成しレーザー治療を行います
このため回復する視力の幅がかなり大きくなり、その方にとってより最適で質の高い「見え方」が実現できるようになっています

従来のレーシックよりもフラップをさらに薄く作ることにより、通常のレーシックでは不適応であった角膜の薄い方や強度近視の方に対応可能になります
また、眼の形状を正確に計測し、お一人おひとりの眼に合わせたレーザー照射プログラムを用いて行う、より精度の高いオーダーメイドのレーシックカスタムビューレーシックも行っています


フェイキックとは、コンタクトレンズに似た形状の眼内レンズです
このレンズを眼の中に挿入して近視・乱視・遠視を矯正します
ICL(有水晶体眼内レンズ挿入手術)は眼内の虹彩と水晶体の間に入るため、ハードコンタクトレンズのように日常生活の中で外れてしまうこともなく、異物感もありませんので裸眼と同じ快適さで視力の回復が期待できます
超強度の近視・乱視・遠視用のレンズを作成していますので、レーシックが難しい方でも裸眼生活が送れるようになります


■近視手術までの流れ

■従来の近視手術方法


 ■TOP
 ■ご案内
 ■近視手術の方法
 ■近視手術までの流れ
 ■LASIKの手順
 ■手術費用
 ■Q&A
 ■資料請求