HOME > 病院のご案内 >  部門からの紹介  >  放射線科

放射線科

放射線科で行う検査

1. 一般撮影(単純撮影) FUJIFILM DR CALNEO (デジタルラジオグラフ)
撮影部位・目的に応じたポジショニングをしてから、X線を照射して撮影します。 体を通り抜けてきたX線により、組織のX線吸収の違いを反映した画像が得られます。 骨格系・胸部・腹部・軟部組織等の診断に広く用いられます。

2. CT GE Brightspeed (16チャンネルマルチディテクタCT)
寝台に寝ながらドーナツ型の装置の中央を通過する間に周囲よりX線を照射します。体を通り抜けてきたX線のデータから組織のX線吸収の違いをコンピュータで解析し、体の断面像を作成します。ボリウムデータを収集して処理を行うと、あらゆる角度からの断面像を作成できます。データの処理法を変えることで、目的とする組織に合わせたさまざまな種類の画像を作成できます。検査時間は5~10分程度です。検査による痛みはありません。

3. MRI GE Optima MR360 (1.5テスラMRI)
トンネル状のマグネット内に寝た状態で検査を行います。強力な磁場とラジオ波を使用して、体内の水素原子の動きや量の違いを反映した、さまざまな角度からの断面像を撮像します。ボリウムデータを収集して処理を行うと、あらゆる角度からの断面像を作成できます。複数の撮像法を使用して、いろいろな特性を持つ画像を収集します。造影剤を使用せずに血管の画像をつくることもできます。検査時間は20~40分程度です。検査中は装置から「ガンガン」「トントン」等の大きな音がしますが、ラジオ波を出す際の音ですのでご安心ください。検査による痛みはありません。

4. 透視 日立 CUREVISTA (FPD専用透視撮影システム)
X線を間欠的に連続照射し、テレビモニタ上でリアルタイムに目的部位を観察します。また撮影も行います。造影剤を使用した消化管検査(胃透視・注腸造影等)・血管造影・整復等に用います。

5. マンモグラフィ LORAD Selenia (デジタルマンモグラフィシステム)
X線を使用して乳房撮影を行います。当院の画像はマンモグラフィ検診精度管理中央委員会より検診マンモグラムとして適当であると認定されています。

6. 骨密度
X線を使用しDEXA法にて骨密度を測定します。検査対象部位は腰椎・大腿骨頚部・前腕です。腰椎・大腿骨頚部はベッドに寝た状態で、前腕は椅子に座った状態で検査を行います。検査時間は腰椎+大腿骨頚部で10~15分程度、前腕で5分程度です。

7. 造影検査
目的に応じたモダリティ(CT・MRI等)と造影剤および投与方法を選択して検査を行います。X線を用いる検査ではヨード造影剤または硫酸バリウム造影剤を、MRI検査ではガドリニウム造影剤を使用します。患者様の状態によっては造影剤を使用できない場合があります。
(1) ヨード造影剤:造影CT・DIC(点滴静注胆嚢造影)・リンパ管造影・PTC(経皮経肝胆管造影)・ERCP(内視鏡的逆行性胆道膵管造影)・血管造影・脊髄腔造影・神経根造影・DIP(点滴静注腎盂造影)・乳管造影・子宮卵管造影
(2) 硫酸バリウム造影剤:胃透視・注腸造影・食道造影・嚥下造影
(3) ガドリニウム造影剤:造影MRI
に使用されます。

放射線科の検査に関する注意

1. 検査を受けられない人
妊娠中または妊娠の可能性がある方は、放射線を用いた検査を行えないことがあります。またMRIについても、使用する磁界の胎児や幼児に対する安全性が確立されていないため、基本的に検査を行っていません。
MRI検査については体内金属(心臓ペースメーカー・心臓人工弁・脳動脈瘤金属クリップ・人工内耳・磁石着脱式入れ歯等)がある方、刺青がある方、閉所恐怖症の方は検査を受けられない場合があります。

2. X線を使用する検査での注意
検査部位やその周辺の金属・磁石・プラスチック・厚みのある衣類等は検査の妨げになることがあります。そのため外していただいたり、検査用のガウンに着替えていただくことがあります。

3. MRI検査での注意
MRI装置は常時強力な磁場を発生しています。MRIの磁石に近づいた磁性体は猛烈な勢いで引き寄せられ、大変危険ですので、スタッフの案内があるまで検査室内には入らないでください。また、検査の際は身に付けている金属・磁石等を外していただきます。金属・磁石等が体内にある場合、外すことができない場合はスタッフにお伝えください。

4. 食事の制限
腹部の検査・造影検査の場合は食事制限が必要になる場合があります。糖尿病治療中の方は、食事と注射について主治医とご相談ください。
藤聖会関連グループ
サービス付き高齢者向け住宅
院外の皆様へ情報発信
院外広報誌「キュアライフ」
当院健康情報番組
「赤ひげ知恵袋」等
動画で配信中
ISO9001:2008認証取得病院です。
当院は(財)日本医療機能評価機構認定病院です。


受診・入院・面会のご案内
はじめて受診される方へ
再診される方へ
時間外受診のご案内
入院のご案内
面会・お見舞いのご案内

各診療科のご案内
内 科
外 科
消化器科
乳腺外科/ブレストケアセンター
整形外科
産婦人科
泌尿器科
小児科
脳神経外科
眼 科
放射線科
皮膚科
形成外科
耳鼻咽喉科
歯科・口腔外科
リハビリテーション科

専門外来の紹介
そけいヘルニア外来
ピロリ菌外来
代謝・内分泌内科
呼吸器内科
神経内科
循環器内科
消化器内科
卒煙外来
睡眠外来
血液内科
専門医一覧

健診・ドックのご案内
富山市各種検診のご案内
健診検査項目及び費用
特定健診・保健指導のご案内
予防接種のご案内
人間ドックのご案内
シンプル脳ドック

教室・患者会のご案内
減塩教室
糖尿病教室
スウィーティの会
施設のご案内
病室
アメニティホール
併設施設

患者様の権利と責任
患者様の権利と責任
個人情報保護方針

お問い合わせ
メールでのお問い合わせ

アクセス
当院へのアクセス
送迎バスルート

広報・ニュース
ニュース一覧
広報誌「キュアライフ」
マスコミ等の報道
当院配信の医療情報番組
病院紹介
病院概要
理事長からのあいさつ
院長からのあいさつ
理念・基本方針
第三者評価について
病院の沿革
臨床研修医
医療安全管理指針

部門からの紹介
地域医療連携のご案内
医療安全管理室
臨床工学室
放射線科
協力型臨床研修病院のご案内
リハビリテーションセンター
看護部
栄養科
臨床検査科

パンフレットをどうぞ
八尾総合病院
女性クリニックWe富山
五福脳神経外科
金沢メディカルステーション ヴィーク
老人保健施設

求人案内
医師
看護師
薬剤師
リハビリテーションスタッフ
診療放射線技師
社会福祉士
介護福祉士・看護助手・介護職
事務

地域医療連携のご案内
地域医療連携のご案内

地域包括支援センター・居宅介護支援事業所
八尾北・山田包括支援センター
風の庭 居宅介護支援事務所

各種検査予約について
画像診断検査の御依頼について
生体検査の御依頼について
医療法人社団 藤聖会|八尾総合病院|富山県・八尾
〒939-2376富山県富山市八尾町福島7-42
TEL(076)454-5000(代)
FAX(076)455-3835
Copyright(c) 2011 Yatsuo general hopspital. All Right Reserved.