HOME > 病院のご案内 >  部門からの紹介  >  リハビリテーションセンター

リハビリテーションセンター

施設の目標

rehabili01.jpg 当センターでは、発症・受傷直後の急性期から、障害の回復が大きい回復期を経て、障害が固定された生活期まで、患者様の様々な状態に合わせたお一人おひとりのための「手づくり」のリハビリテーションを提供させていただきます。リハビリテーションとは、障害をもったために自分らしく生きることが難しくなった人が再び自分らしく生きることができるよう、そのお手伝いをすることです。

 脳卒中集中リハビリでは、麻痺の回復のための機能的リハビリだけでなく、装具、歩行補助具による歩行や日常生活動作能力の修得により、最高の状態でご自宅へお帰りいただくことを目指した取り組みを行っています。

 短期集中の「急性期集中リハビリセンター」をはじめ、自宅退院に向けての準備のため土・日・祝日など休まず365日リハビリを実施する「回復期リハビリテーション病棟」、また、退院後の外来・通所リハビリや訪問リハビリなどの在宅でのフォローアップも強化し、充実させています。

 さらに高次脳機能障害や自動車運転リハビリにも積極的に取り組んでいます。総合リハビリテーション病院として、患者様の自宅復帰・職場復帰や趣味活動の再開など「より自分らしく生きる」お手伝いを目指しています。


急性期病院との医療連携体制

rehabili02.jpg 脳卒中の発症または受傷直後の病気やケガの治療を急性期病院やかかりつけ医院で受けられた方でも当センターで専門性の高い集中的なリハビリが可能です。より早期からの「短期集中リハビリ」をはじめ、自宅療養に向けての準備を進めるための「回復期リハビリテーション病棟」での日常生活動作中心のリハビリを行います。

 患者様やご家族様のご希望に沿った受け入れをし、地域医療連携クリニカルパスを利用したシームレスなリハビリ医療をご提供いたします。

 お元気になりご自宅に帰られた際は、ご紹介元の急性期病院やかかりつけ医院で、その後の治療や健康管理を継続して行っていただきます。


医療チームでの目標設定

rehabili03.jpg 医療スタッフ(医師・看護師・介護士・理学療法士[PT]・作業療法士[OT]・言語聴覚士[ST]・社会福祉士[MSW]・地域のケアマネジャー)がチームとなり、連携をとって、個々の患者様の能力、生活環境に応じた具体的な目標を設定し、共通した認識を持って、リハビリのアプローチを行います。毎週の医療スタッフによる回診では、患者様のリハビリ進行具合の確認や目標の再確認をします。

 また、必要に応じて、ご家族様にも話し合いに参加していただきます。お困りの点や自宅へ帰られる上での希望などをお聞きして、退院先の検討や退院後の生活上でのアドバイス、介護保険のサービス利用など具体的な内容について話し合いをさせていただきます。


日常生活動作へのアプローチ(特) 一日の流れと評価方法

rehabili04.jpg 病棟のPT・OTが、起床から患者様のケアに携わらせていただきます。

 自宅生活を考慮し、例えば食事時間には、病室・食堂間歩行を中心とした移動練習をいたします。車椅子の使用頻度を減らすとともに歩行の安定性の強化に努めています。

 また、食事以外にも看護師や介護士と協力し実際の生活の中でモーニングケアなどの起き上がりや移乗、整容、更衣、排泄の動作練習をいたします。更に退院後の生活を想定し、家庭風呂での入浴練習も行います。

 患者様の評価方法としては、日常生活動作能力、認知機能能力を点数化するFIM(Functional Independence measure:機能的自立度評価法)を使用しています。入院・退院時の正確な状態把握に努めるとともに、患者様、ご家族様に質の高い、満足のいただけるリハビリサービスを提供できるよう日々励んでいます。


日常生活動作へのアプローチ(監) 排泄ケアの徹底

rehabili05.jpg 患者様が自宅復帰される上で、ご本人、ご家族様のニーズが最も高いのは排泄動作の自立です。当センターでは、できるだけトイレでの動作を誘導し、オムツは極力使用しない方針で取り組んでいます。

 オムツを使用する場合は、個々の状況を確認し、排尿パターンを把握した上で、適したオムツの選択や具体的なケア方法などを提案させていただきます。

 退院後も介助が必要な患者様に関しては、ご家族様へのアドバイスも行います。


摂食・嚥下(えんげ)のリハビリテーション

rehabili06.jpg 患者様に適した栄養状態の評価や嚥下機能を管理栄養士、STも携わらせていただきます。

 また、安全かつ効率よく食事摂取をしていただくため、PT・OTが姿勢や摂食道具の確認に努めています。


お食事

rehabili07.jpg 当院では一般食(米飯・常菜)の方を対象に選択メニュー、また医師の許可が出た患者様には毎月(3月〜10月)第4金曜日にバイキングを行い、お食事を楽しんで頂いています。食事の栄養面、美味しさを考慮し少しでも喜んでいただける食事の提供に努めています。


脳血管障害(脳卒中)に対するリハビリテーション

rehabili08.jpg 脳血管障害(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血など)の発症後には、半身の運動・感覚麻痺、言語障害、嚥下障害、高次脳機能障害などの心身機能の障害が起こります。それらにより、「起き上がれない」「立てない・歩けない」「排泄が一人でできない」「着替えができない」「食べられない」「話せない」「集中できない」などといった日常生活での様々な障害も発生します。

 当センターでは、このような患者様に対して、リハビリ専門スタッフが、ベッド臥床時等の早期から、手足の運動や感覚麻痺などの改善を試みる片麻痺機能練習、長下肢装具を使用した起立歩行練習、STによる言語・嚥下・高次脳機能練習などを開始します。さらに、医師・看護師・介護士などが協力して、歩行練習や日常生活動作練習を積極的に行います。

 できるだけ早期に、麻痺側の手足を上手に使いながらまたは片手での動作を身につけてスムースな歩行・日常生活動作自立を目指し、退院していただけるように努めます。

 歩行装具などが必要な方には、PT・義肢装具士がお話を伺いながら、患者様に合った装具の作製や調整をいたします。


高次脳機能障害へのアプローチ

rehabili09.jpg 交通事故や脳卒中などの影響で、「言葉が出なくなった」、「記憶できなくなった」、「集中して物事に取り組めなくなった」といった高次脳機能障害でお悩みの患者様とともに少しずつステップアップしながら改善されるよう機能向上のためのリハビリに取り組んでいます。


自動車運転練習

rehabili10.jpg 患者様、ご家族様の希望により、自動車学校での視力検査(動体、夜間)、運転適性検査、シミュレーション、路上運転(教習所内、教習所周辺、場合によっては自宅周辺、通勤道路)などを教習所と連携し、機能面を配慮した上での運転規定等を提案させていただき、復帰後の運転機能回復へのサポートをいたします。

[協力:富山県中央自動車学校]


運動器障害(整形外科疾患など)へのリハビリテーション

rehabili11.jpg 骨折後、関節手術後、関節痛などの整形外科疾患の患者様に対してのリハビリも実施しています。骨折、関節手術後の安静によって全身の体力や筋力の低下が生じます。

 また、皮膚・筋肉・靭帯などの組織が硬くなり関節の動く範囲が制限されます。このようなことが起こると、歩きにくくなったり、日常生活動作が思うようにできなくなったりします。

 運動器のリハビリでは、それらを予防・改善する目的で、解剖・運動・生理学に基づいて、手術の翌日から筋力運動、関節運動、歩行練習を実施し、より早い身体機能の回復を促し、日常生活動作の自立を目指しています。


社会福祉士(MSW)の関わりと関連施設へのフォロー

rehabili12.jpg 社会福祉の専門性・視点に基づき、患者様やご家族様の自立を支援し、社会復帰や社会生活の継続をお手伝いするために社会福祉士(医療ソーシャルワーカー=MSW)が常に活動しています。患者様の心配事や退院後の療養・生活面での不安や問題点など細かな相談に応じます。

 患者様が住まれる家屋の状況把握や職業安定所や復帰される職場の面接などもサポートする場合があります。

 患者様やご家族様の経済的、心理的、社会的なお悩み等の相談を伺い、問題解決のための情報提供、社会福祉制度の活用、地域の医療機関・介護施設との連携などを行い、安心・安全な生活をおくっていただけるよう支援いたします。


退院前家庭訪問 外出・外泊練習

rehabili13.jpg 自宅へ退院される方には、ご本人・ご家族様と一緒にリハビリスタッフが家庭訪問をさせていただきます。退院後の自宅の環境は安全に生活していく上で重要であり、段差や手すりの有無、玄関・居室・トイレ・浴室など状況を拝見し、改修が必要な場合はアドバイスをさせていただきます。

 また、改修後には外出・外泊練習も行っていただき、自宅退院に向けて準備を進めていきます。

 退院後に家事をされる方には家事練習を、買い物をされる方には、スタッフが同行し買い物練習なども行います。仕事復帰をされる方には、必要に応じて職場との連携を図るなどの調整も行います。

外来・通所・訪問リハビリテーション

rehabili14.jpg 自宅へ退院された後も、身体機能の維持・向上を目指し、医療保険での外来リハビリまたは介護保険での通所リハビリに通っていただけます。また、リハビリスタッフが患者様のご家庭に伺う訪問リハビリも行います。実際の生活環境や家事動作、作業動作などの状況把握と併せて、患者様の回復能力に応じた方法などを適切なアドバイスをさせていただき、より安全で安心な自宅生活を営んでいただけるようサポートいたします。

rehabili15.jpg
藤聖会関連グループ
サービス付き高齢者向け住宅
院外の皆様へ情報発信
院外広報誌「キュアライフ」
当院健康情報番組
「赤ひげ知恵袋」等
動画で配信中
ISO9001:2008認証取得病院です。
当院は(財)日本医療機能評価機構認定病院です。


受診・入院・面会のご案内
はじめて受診される方へ
再診される方へ
時間外受診のご案内
入院のご案内
面会・お見舞いのご案内

各診療科のご案内
内 科
外 科
消化器科
乳腺外科/ブレストケアセンター
整形外科
産婦人科
泌尿器科
小児科
脳神経外科
眼 科
放射線科
皮膚科
形成外科
耳鼻咽喉科
歯科・口腔外科
リハビリテーション科

専門外来の紹介
そけいヘルニア外来
ピロリ菌外来
代謝・内分泌内科
呼吸器内科
神経内科
循環器内科
消化器内科
卒煙外来
睡眠外来
血液内科
専門医一覧

健診・ドックのご案内
富山市各種検診のご案内
健診検査項目及び費用
特定健診・保健指導のご案内
予防接種のご案内
人間ドックのご案内
シンプル脳ドック

教室・患者会のご案内
減塩教室
糖尿病教室
スウィーティの会
施設のご案内
病室
アメニティホール
併設施設

患者様の権利と責任
患者様の権利と責任
個人情報保護方針

お問い合わせ
メールでのお問い合わせ

アクセス
当院へのアクセス
送迎バスルート

広報・ニュース
ニュース一覧
広報誌「キュアライフ」
マスコミ等の報道
当院配信の医療情報番組
病院紹介
病院概要
理事長からのあいさつ
院長からのあいさつ
理念・基本方針
第三者評価について
病院の沿革
臨床研修医
医療安全管理指針

部門からの紹介
地域医療連携のご案内
医療安全管理室
臨床工学室
放射線科
協力型臨床研修病院のご案内
リハビリテーションセンター
看護部
栄養科
臨床検査科

パンフレットをどうぞ
八尾総合病院
女性クリニックWe富山
五福脳神経外科
金沢メディカルステーション ヴィーク
老人保健施設

求人案内
医師
看護師
薬剤師
リハビリテーションスタッフ
診療放射線技師
社会福祉士
介護福祉士・看護助手・介護職
事務

地域医療連携のご案内
地域医療連携のご案内

地域包括支援センター・居宅介護支援事業所
八尾北・山田包括支援センター
風の庭 居宅介護支援事務所

各種検査予約について
画像診断検査の御依頼について
生体検査の御依頼について
医療法人社団 藤聖会|八尾総合病院|富山県・八尾
〒939-2376富山県富山市八尾町福島7-42
TEL(076)454-5000(代)
FAX(076)455-3835
Copyright(c) 2011 Yatsuo general hopspital. All Right Reserved.