HOME > 病院のご案内 >  部門からの紹介  >  医療安全管理室

医療安全管理室

1.医療安全管理に関する基本的な考え方

(1)ヒューマンエラーが起こり得ることを前提として、エラーを誘発しない環境や、起こったエラーが事故に発展しないシステムを組織全体で整備する。
(2)職種や診療科における、自主的な業務改善や能力向上活動を強化する。
(3)継続的に医療の質の向上を図る活動を幅広く展開していく。
(4)患者との信頼関係を強化し、患者と医療従事者との対等な関係を基盤とする「患者中心の医療」の実現を図る。


2. 医療安全体制

iak-001.jpg

【医療安全対策会議】
医療安全対策会議は、医療安全管理室長(副院長)が議長となり、病院長、院長代理、副院長、看護部長、副看護部長、事務長、科長、医療安全管理者、その他病院長が必要と認めた者から構成され、月1回開催し、病院の医療安全体制の統括的役割を担い、下記の業務を行っています。

(1)医療安全対策の策定および変更
(2)医療安全のための研修および教育計画の策定
(3)その他医療安全の確保に関すること


【医療安全管理室】
医療安全対策会議で決定された方針に基づき、組織横断的に院内の医療安全管理を担う部門です。医療安全管理室は、医療安全管理室長(医師)、副看護部長(兼任)、医療安全管理者(専従)、部門の代表者(兼任)から構成され、以下の業務を行っています。

(1)医療安全対策会議及び医療安全委員会で用いられる資料及び議事録の作成及び保存その他庶務を行うこと。
(2)院内を巡回し、本指針及び医療安全対策マニュアルの整備・遵守、改善策の実施、インシデントレポートが適正になされていることの確認を行うとともに、必要な指導を行うこと。
(3)医療事故発生時における患者や家族への説明など、事故発生時の対応状況について確認を行うとともに、必要な指導を行うこと。
(4)医療事故の原因究明を適切に実施するための協力支援を行うとともに、必要な指導を行うこと。
(5)医療安全管理に関わる連絡調整を行うこと。
(6)インシデントレポートの集計及び分析、報告者への具体的な事情聴取を行うこと。
(7)複数の部署にまたがるシステム上の問題又は各部署では分析が難しい問題を分析し、改善策を立案し、関係部署に実施の徹底を図ること。
(8)医療安全管理のための教育・研修の企画及び運営を行うこと。
(9)医療安全管理に関する情報の収集及び提供を行うこと。
(10)患者や家族からの医療に係る相談に関して、患者相談室と連携を行うこと。
(11)カンファレンスを週1回程度開催すること。
(12)業務改善計画書を作成し、それに基づく実施状況、および、評価結果を記録し保管すること。
(13)その他医療安全対策の推進を行うこと。


【医療安全委員会とセーフティマネージャー】
医療安全委員会は、各部門の代表から構成され、月1回開催しています。各部門の代表はセーフティマネージャーと呼ばれ、各部門の医療安全活動を推進する医療安全のリーダー的存在です。セーフティマネージャーは以下の業務を行っています。

(1)インシデントレポートの積極的な提出を促進すること。
(2)担当部署の日常業務を通じて医療安全管理に関する問題を提起し、解決を図ること。
(3)担当部署では解決がつかない問題を医療安全管理室に報告し、協同で解決を図ること。
(4)担当部署内で解決した問題を医療安全委員会に報告すること。
(5)院内で回付されてきた医療安全管理に係わる情報を担当部署に速やかに周知徹底すること。
(6)担当部署における医療安全管理に係わる情報を積極的に収集し、医療安全管理室に提供すること。
(7)医療安全管理に関する職員研修及び啓発を推進すること。
(8)その他医療安全管理室の活動に協力し、部署ごとの医療安全対策を推進すること。


また、医療安全委員会の中にセーフティマネージャー数名で作業部会を作り、テーマごとの医療安全活動を行っています。
iak-002.jpg

【患者相談窓口】
患者さんやご家族からの疾病に関する医学的な質問並びに生活上及び入院上の不安等、様々な相談や苦情に対応するとともに、運営の改善に活用していくために、地域連携室に患者相談窓口を開設しています。

3. 当院におけるインシデント・アクシデントレポートの提出状況

平成24年度 平成25年度

平成26年度

報告件数

1,018件

1,182件

1,101件


【項目別報告件数】
pct4.png

【部署別報告件数】
pct5.png

【レベル別報告件数】
pct6.png

iak-006.jpg

4. 重大な事故への体制況

pct2.png

5. 医療安全に関する活動(平成26年)

【定例業務】
インシデント・アクシンデントレポート
分析・調査・介入
ミーティング(平日)
カンファレンス(週1回)
医療安全委員会
医療安全対策会議
院内ラウンド 巡回部(月1回)
情報提供・共有 医療安全管理室からのお知らせ発行
電子掲示板掲示
医療安全情報の提供(書面、メール)
連絡会議
マニュアル作成・改定 経管栄養マニュアル改定
離院対応マニュアル改訂
造影検査副作用発生時の対応
啓蒙活動 医療安全標語の院内掲示
患者誤認防止
教育・研修 新採用入職者 医療安全研修
新採用看護師 医療安全研修
第1回医療安全セミナー(医療安全活動発表会)
第2回医療安全セミナー(車椅子・ベッドへの移乗)

【定例業務以外の活動】
院内ラウンド 院内危険(衝突)個所のミラー設置
マニュアル作成・改定 経管栄養マニュアル改定
離院対応マニュアル改定
造影検査副作用発生時の対応
啓蒙活動 医療安全標語の院内掲示
患者誤認防止
教育・研修 造影検査、造影剤(ヨード製剤)勉強会
バルーンカテーテル勉強会
CT室での急変対応
チームSTEPPS(看護部)
造影剤副作用発生時の対応(MRI室)
KYT訓練(看護部)
薬のリスクマネジメント
藤聖会関連グループ
サービス付き高齢者向け住宅
院外の皆様へ情報発信
院外広報誌「キュアライフ」
当院健康情報番組
「赤ひげ知恵袋」等
動画で配信中
ISO9001:2008認証取得病院です。
当院は(財)日本医療機能評価機構認定病院です。


受診・入院・面会のご案内
はじめて受診される方へ
再診される方へ
時間外受診のご案内
入院のご案内
面会・お見舞いのご案内

各診療科のご案内
内 科
外 科
消化器科
乳腺外科/ブレストケアセンター
整形外科
産婦人科
泌尿器科
小児科
脳神経外科
眼 科
放射線科
皮膚科
形成外科
耳鼻咽喉科
歯科・口腔外科
リハビリテーション科

専門外来の紹介
そけいヘルニア外来
ピロリ菌外来
代謝・内分泌内科
呼吸器内科
神経内科
循環器内科
消化器内科
卒煙外来
睡眠外来
血液内科
専門医一覧

健診・ドックのご案内
富山市各種検診のご案内
健診検査項目及び費用
特定健診・保健指導のご案内
予防接種のご案内
人間ドックのご案内
シンプル脳ドック

教室・患者会のご案内
減塩教室
糖尿病教室
スウィーティの会
施設のご案内
病室
アメニティホール
併設施設

患者様の権利と責任
患者様の権利と責任
個人情報保護方針

お問い合わせ
メールでのお問い合わせ

アクセス
当院へのアクセス
送迎バスルート

広報・ニュース
ニュース一覧
広報誌「キュアライフ」
マスコミ等の報道
当院配信の医療情報番組
病院紹介
病院概要
理事長からのあいさつ
院長からのあいさつ
理念・基本方針
第三者評価について
病院の沿革
臨床研修医
医療安全管理指針

部門からの紹介
地域医療連携のご案内
医療安全管理室
臨床工学室
放射線科
協力型臨床研修病院のご案内
リハビリテーションセンター
看護部
栄養科
臨床検査科

パンフレットをどうぞ
八尾総合病院
女性クリニックWe富山
五福脳神経外科
金沢メディカルステーション ヴィーク
老人保健施設

求人案内
医師
看護師
薬剤師
リハビリテーションスタッフ
診療放射線技師
社会福祉士
介護福祉士・看護助手・介護職
事務

地域医療連携のご案内
地域医療連携のご案内

地域包括支援センター・居宅介護支援事業所
八尾北・山田包括支援センター
風の庭 居宅介護支援事務所

各種検査予約について
画像診断検査の御依頼について
生体検査の御依頼について
医療法人社団 藤聖会|八尾総合病院|富山県・八尾
〒939-2376富山県富山市八尾町福島7-42
TEL(076)454-5000(代)
FAX(076)455-3835
Copyright(c) 2011 Yatsuo general hopspital. All Right Reserved.