HOME > 診療のご案内 > 診療科のご案内  >  知っ得カルテ  >  こんなときどうする?

こんなときどうする?

◆性器出血があるとき
 月経周期がある方で、月経以外の出血が少量あったとき
  月経との関係でいつごろ起こったかを記録してください。病気でなくても出血することがあります(排卵に伴う出血)。
繰返す場合は受診してください。ホルモン異常や頚管ポリープが原因であることがほとんどですが時に悪性の病気もありえます。
 月経周期がある方で、月経以外の出血が多量にあったとき
  不規則に月経が起こった可能性があります。放置すると貧血になります。早めに受診して治療を受けてください。
 月経の出血量が多い方(過多月経)
  子宮筋腫などの良性疾患が予測されます。そのような病気がない場合もあります。
病状に応じて治療法を相談しましょう。
 閉経後の性器出血
  一番頻度として多いのは腟炎と頚管ポリープです。しかし、一番重要な病気は子宮癌(子宮頚癌と子宮体癌)です。病院を受診してください。

◆下腹部が痛いとき
 月経以外で急に痛くなったとき
  排卵期に腹痛が1-3日くらい続くことがあります。病気ではありません。
月経前に痛くなる(鈍痛)時は一時的に卵巣が腫れている可能性があります。
少量の出血を伴い突然強く痛くなったとき

◆おりものがあるとき
  おりものが多いから病気というわけではありません。排卵前や妊娠中は増加します。
しかし、日常生活で困るほどでしたら治療の対象になります。とくにかゆみを伴う場合はぜひ受診してください。

◆外陰部にかゆみがあるとき
  腟炎や外陰炎にかかっている可能性が強いです。薬で治療します。最近、薬に抵抗する真菌(カビの一種、カンジダ属)に感染する場合があります。できるだけ適切に、且つ無駄な治療をしないことが大切です。

◆外陰部に痛みを感じるとき
  典型的な病気はヘルペスウイルス感染です。痛みのために排尿もつらくなることがあります。我慢せず早めに受診してください。
外陰に膿がたまる(膿瘍)病気や潰瘍が発生する病気もたまにあります。
年をとってからの萎縮性腟炎によるしみるような痛みは比較的よく見られます。薬でよく治ります。

◆外陰部に何か触れるとき・何かがはさまった異和感があるとき
  年をとると骨盤の臓器を支えている組織が弱くなり子宮や腟壁が下がって出てくることがあります。これを子宮脱・腟脱といいます。命に関わるものではありませんが日常生活に不都合が生じ不快な感じが続きます。尿が出にくくなり膀胱炎になったり、下着にこすれて出血したりします。腟にペッサリーを入れるか、手術で治療します。ペッサリーを挿入した場合は2-3ヶ月毎の通院が必要になります。

◆月経不順
  月経が定期的に来ない場合は卵巣の働きに問題があります。
月経の周期は普通はおおよそ25-35日くらいです。
赤ちゃんが欲しい場合は相談に来てください。
3週間以内に頻繁に来る場合は排卵が起こっていないことがあります。また、貧血の原因になります。
逆に3ヶ月以上月経がこない場合は卵巣からの女性ホルモンの分泌に問題があり、治療が必要です。

◆不妊症
  赤ちゃんができない原因にはいくつかあります。ホルモン関連の異常、子宮・卵管の異常。男性側には精子の異常。女性側が男性の精子に対して抗体を持っている場合など。
子宮内膜症は不妊の原因としても重要です。その他性的な問題や、単にタイミングがあっていない場合など。個別に相談し対策を練りましょう。
2年間妊娠しなければ検査と治療をお勧めします。早く赤ちゃんが欲しいご夫婦には不妊期間が1年半くらいから少しずつ準備を始めてもらいますので一度受診してください。

◆癌検診を受けたい
 子宮頚癌検診
  頚癌健診は性体験がある方にはぜひうけていただきたい。異常がなければ原則として2年に1回でよいとされています。
がんになる前に異常を見つければ簡単な手術(一泊二日の入院または日帰り)で子宮を摘出しないで治療することができます。
ウイルスの検査をお勧めする場合もあります。
公的補助を利用しての健診(施設健診)や職場健診のご利用をお勧めします。
なお、子宮を全部摘出された方にはお勧めしません。
 子宮体癌健診
  必ずしも全員が受けることは勧められていません。
50歳以上または閉経後で、「不正性器出血」がある方はぜひ受けてください。
次のリスク因子がある方は健診をお勧めする場合がありますのでご相談ください
40歳以上で妊娠の経験がない、女性ホルモンの長期服用、もともと月経不順、糖尿病、肥満、乳がんなど
 卵巣癌健診
  残念ながら卵巣癌予防のための健診は成立しません。機会があればエコー検査を受けられることをお勧めします。

◆子宮頚癌ワクチン
  HPVウイルスの感染があってはじめて子宮頚癌が発生します。ですからウイルスに感染しなければ大丈夫という考えかたで若い方に接種をお勧めしています。まだ長期の効果は分かっていませんが相当の期間の予防効果が期待できそうです。
藤聖会関連グループ
サービス付き高齢者向け住宅
院外の皆様へ情報発信
院外広報誌「キュアライフ」
当院健康情報番組
「赤ひげ知恵袋」等
動画で配信中
ISO9001:2008認証(地域医療連携室)取得病院です。
当院は(公財)日本医療機能評価機構 認定病院です。


受診・入院・面会のご案内
はじめて受診される方へ
再診される方へ
時間外受診のご案内
入院のご案内
面会・お見舞いのご案内

各診療科のご案内
内 科
外 科
消化器科
乳腺外科/ブレストケアセンター
整形外科
産婦人科
泌尿器科
小児科
脳神経外科
眼 科
放射線科
皮膚科
形成外科
耳鼻咽喉科
歯科・口腔外科
リハビリテーション科

専門外来の紹介
そけいヘルニア外来
ピロリ菌外来
代謝・内分泌内科
呼吸器内科
神経内科
循環器内科
消化器内科
卒煙外来
睡眠外来
リンパ浮腫外来
専門医一覧

健診・ドックのご案内
富山市各種検診のご案内
健診検査項目及び費用
特定健診・保健指導のご案内
予防接種のご案内
人間ドックのご案内
シンプル脳ドック

教室・患者会のご案内
減塩教室
糖尿病教室
スウィーティの会
施設のご案内
病室
アメニティホール
併設施設

患者様の権利と責任
患者様の権利と責任
個人情報保護方針

お問い合わせ
メールでのお問い合わせ

アクセス
当院へのアクセス
送迎バスルート

広報・ニュース
ニュース一覧
広報誌「キュアライフ」
マスコミ等の報道
当院配信の医療情報番組
病院紹介
病院概要
理事長からのあいさつ
院長からのあいさつ
理念・基本方針
第三者評価について
病院の沿革
臨床研修医
医療安全管理指針

部門からの紹介
地域医療連携のご案内
医療安全管理室
臨床工学室
放射線科
協力型臨床研修病院のご案内
リハビリテーションセンター
看護部
栄養科
臨床検査科

パンフレットをどうぞ
八尾総合病院
女性クリニックWe富山
五福脳神経外科
金沢メディカルステーション ヴィーク
老人保健施設

求人案内
医師
看護師
薬剤師
リハビリテーションスタッフ
診療放射線技師
社会福祉士
介護福祉士・看護助手・介護職
事務

地域医療連携のご案内
地域医療連携のご案内

地域包括支援センター・居宅介護支援事業所
地域サポートセンター
八尾居宅介護支援事務所

各種検査予約について
画像診断検査の御依頼について
生体検査の御依頼について
医療法人社団 藤聖会|八尾総合病院|富山県・八尾
〒939-2376富山県富山市八尾町福島7-42
TEL(076)454-5000(代)
FAX(076)455-3835
Copyright(c) 2011 Yatsuo general hopspital. All Right Reserved.