HOME > 診療のご案内 > 診療科のご案内  >  外 科  >  外科・消化器科の特徴

外科・消化器科の特徴

当科は日本外科学会、日本消化器外科学会、日本乳癌学会認定施設に指定されており、外科・消化器・乳腺分野等の指導医・専門医資格を有した医師が、胃・大腸・肝・胆・膵・肛門疾患などの消化器疾患、乳腺疾患、鼠径ヘルニアなどの診療にあたっております。

乳腺疾患については、専門の医師と専門のスタッフを揃え、検診から乳癌の最も進んだ治療法までトータルにケアするブレストケアセンターを併設し、乳癌手術においては、県内でも有数の実績を誇っております。

胃癌・大腸癌・肝胆道系・膵がんに対しては、高度で専門的な手術と化学療法を中心とした癌治療を行っております。比較的早期の胃癌・大腸癌や胆石症の患者さまに対しては体に負担の少ない腹腔鏡手術を積極的に取り入れており、最近では手術件数の約半数の患者様に行っております。

鼠径部ヘルニアの手術に関しては「痛みを感じず早く退院できる手術」をモットーに、全身麻酔で主にメッシュを用いた手術を行っており、月・金曜日午前中にヘルニア専門外来を開設しております。

「がん」の治療に対しては標準治療を積極的に取り入れており、治療の選択に関しては他職種(医師、看護師、薬剤師、栄養士、理学療法士、ソーシャルワーカー)のスタッフをカンファランス(キャンサーボード)を毎週行い、チーム医療の実践に努めております。 また、積極的に化学療法に取り組むと同時に、悪性腫瘍に伴う苦痛に関しては緩和ケア部門とも連携したチーム医療を行っております。 当科では、今までもこれからも、患者様にやさしく、思いやりのある医療を第一に心がけ、地域の皆様から信頼していただける外科を目指しています。

img-ope.jpg

【対応疾患】
疾患分類 具体的傷病名
消化器悪性疾患 食道癌、胃癌、結腸癌、直腸癌、すい臓癌、胆嚢癌、胆管癌等
消化器良性疾患 大腸ポリープ、胆嚢結石、総胆管結石等
乳腺疾患 乳癌等
緊急疾患 胆嚢炎、腹膜炎、腸閉塞、急性虫垂炎、大腸憩室炎等
ヘルニア 鼠径ヘルニア、大腿ヘルニア等

体に負担の少ない腹腔鏡手術
胆嚢結石症や胆嚢ポリープに対しての腹腔鏡下胆嚢摘出術、胃良性腫瘍・胃癌を対象とした腹腔鏡下胃切除術、大腸良性腫瘍・大腸癌に対する腹腔鏡下結腸切除術・直腸切除術など、積極的に腹腔鏡を利用した侵襲の少ない手術を行っています。最新のハイビジョン内視鏡手術システムを導入し、より鮮明な映像の下、安全で低侵襲の手術を行っています。

腹腔鏡手術
従来から行っているお腹を切って手術する方法は、患者様の負担が大きく、術後の傷跡も大きく残ってしまいます。現在では、こうしたお腹を切って手術する方法から、腹腔鏡手術が主流になっています。胆石症の症例の場合は、腹部の大手術の既往のある方や炎症の強い症例など特殊な場合を除いて、腹腔鏡手術が標準的な手術になっています。また、最近では、腹腔鏡手術の技術の進歩や安全性の向上により、胃・大腸の良性疾患、悪性疾患に対しても有用な方法となってきました。

【腹腔鏡手術の長所と短所】
腹腔鏡手術の長所
① 手術の身体への負担が軽い
② 拡大映像なので繊細な手術が可能
③ 術後の痛みが軽い
④ 食事開始が早い
⑤ 術後早い時期から歩くことができる
⑥ 入院期間が短い
⑦ 創が小さく復壁の損傷が少ない

腹腔鏡手術の短所
① 技術を要する
② 開腹手術に比べ時間がかかる
③ 野が狭いため思わぬ合併症が起きる
④ 全ての症例に適合しない
当科では、最新のハイビジョン内視鏡手術システムを導入しており、より鮮明な映像の下、安全で低侵襲の手術を行っています。

鼠径部ヘルニア
ヘルニアというのは何かが「飛び出した」状態をさす言葉です。具体的には体の中の弱い部分や隙間から何かが飛び出してくる状態のことをさします。ダイヤの弱くなった部分から内部のチューブが突き出ているのに似ていると言われます。
ヘルニアには外科で治療を行う鼠径ヘルニア・大腿ヘルニアや整形外科の病気である椎間板ヘルニアなどがあります。

img-sokei.jpg 鼠径部ヘルニアは、足の付け根部分に小腸などが出てくるものを言い、俗に昔から「脱腸」と呼ばれています。特に足の付け根の筋膜が弱くなる40歳以上の男性に多く起こる傾向があります。鼠径部ヘルニアは出てくる場所によって「鼠径ヘルニア」と「大腿ヘルニア」の二つに分けられます。

【鼠径部ヘルニアの症状】
鼠径部ヘルニアの症状は、立ったり、腹部に力が加わった時の鼠径部の膨らみです。寝ている状態では目立ちません。膨らんでいる時には内容物が出たり入ったりして軽い痛みやつっぱりなどの鈍い痛みが起きることがあります。
飛び出して戻らなくなったり、ひどい痛みが持続するような場合には緊急に処置が必要となる場合もあります。

【鼠径部ヘルニアの治療】
鼠径部ヘルニアは自然に治ることはなく、治療法は手術しかありません。
手術では飛び出しているものをお腹の中に戻し、「メッシュ」という身体の中に入れても害のない材料でできた物で出口を塞ぎます。
入院期間は3日間前後となりますが、短縮や延長の場合もあります。
当院では、患者様に痛くない手術をモットーに全身麻酔での手術を行っております。

藤聖会関連グループ
サービス付き高齢者向け住宅
院外の皆様へ情報発信
院外広報誌「キュアライフ」
当院健康情報番組
「赤ひげ知恵袋」等
動画で配信中
ISO9001:2008認証(地域医療連携室)取得病院です。
当院は(公財)日本医療機能評価機構 認定病院です。


受診・入院・面会のご案内
はじめて受診される方へ
再診される方へ
時間外受診のご案内
入院のご案内
面会・お見舞いのご案内

各診療科のご案内
内 科
外 科
消化器科
乳腺外科/ブレストケアセンター
整形外科
産婦人科
泌尿器科
小児科
脳神経外科
眼 科
放射線科
皮膚科
形成外科
耳鼻咽喉科
歯科・口腔外科
リハビリテーション科

専門外来の紹介
そけいヘルニア外来
ピロリ菌外来
代謝・内分泌内科
呼吸器内科
神経内科
循環器内科
消化器内科
卒煙外来
睡眠外来
リンパ浮腫外来
専門医一覧

健診・ドックのご案内
富山市各種検診のご案内
健診検査項目及び費用
特定健診・保健指導のご案内
予防接種のご案内
人間ドックのご案内
シンプル脳ドック

教室・患者会のご案内
減塩教室
糖尿病教室
スウィーティの会
施設のご案内
病室
アメニティホール
併設施設

患者様の権利と責任
患者様の権利と責任
個人情報保護方針

お問い合わせ
メールでのお問い合わせ

アクセス
当院へのアクセス
送迎バスルート

広報・ニュース
ニュース一覧
広報誌「キュアライフ」
マスコミ等の報道
当院配信の医療情報番組
病院紹介
病院概要
理事長からのあいさつ
院長からのあいさつ
理念・基本方針
第三者評価について
病院の沿革
臨床研修医
医療安全管理指針

部門からの紹介
地域医療連携のご案内
医療安全管理室
臨床工学室
放射線科
協力型臨床研修病院のご案内
リハビリテーションセンター
看護部
栄養科
臨床検査科

パンフレットをどうぞ
八尾総合病院
女性クリニックWe富山
五福脳神経外科
金沢メディカルステーション ヴィーク
老人保健施設

求人案内
医師
看護師
薬剤師
リハビリテーションスタッフ
診療放射線技師
社会福祉士
介護福祉士・看護助手・介護職
事務

地域医療連携のご案内
地域医療連携のご案内

地域包括支援センター・居宅介護支援事業所
地域サポートセンター
八尾居宅介護支援事務所

各種検査予約について
画像診断検査の御依頼について
生体検査の御依頼について
医療法人社団 藤聖会|八尾総合病院|富山県・八尾
〒939-2376富山県富山市八尾町福島7-42
TEL(076)454-5000(代)
FAX(076)455-3835
Copyright(c) 2011 Yatsuo general hopspital. All Right Reserved.